発信!webサイト集客術

webで活躍してくれるキャッチコピーと
文章制作のネタ帳


ニュースから話題を探しに行こう!


Warning: readfile() [function.readfile]: SSL operation failed with code 1. OpenSSL Error messages: error:14077438:SSL routines:SSL23_GET_SERVER_HELLO:tlsv1 alert internal error in /home/users/2/main.jp-imu/web/contents/index.html on line 60

Warning: readfile() [function.readfile]: Failed to enable crypto in /home/users/2/main.jp-imu/web/contents/index.html on line 60

Warning: readfile(https://imu-net.jp/rss/attract.php) [function.readfile]: failed to open stream: operation failed in /home/users/2/main.jp-imu/web/contents/index.html on line 60

決められた文字数内で興味を引く見出しを作る!

ヤフーのトップページに表示されるニュースの見出しは13.5文字以内で作られています(全角文字を1文字、半角文字を0.5文字での計算)。この短いワード数でクリックして読みたくなるように見出しが作られています。制限のある中で注目を集めるための文章制作にはもってこいの参考資料です。


まず考えたいこと、やっておきたいこと

・訪問者が求める情報を持ち、わかりやすい見やすいページにする。

・情報を探しているweb利用者が検索に使う言葉を念頭に置いて、サイトのタイトルや本文にその言葉を含める。

・タイトルタグ<title>には興味を引き、かつwebページの内容にふさわしいユニークなタイトルを付ける。

・サイトの内部リンクでは、行き先の内容が分かり且つ検索されて欲しい言葉でテキストリンクを設置しておく。

・関連する他のwebページとのリンク数を増やす。リンク数を増やす目的で関連性のないwebページとのリンクは効果がなくなっている。

キャッチコピーとスローガン

キャッチコピーの作成支援ページ作っていてふとキャッチコピーの類義語を調べところ、何が出てきたかというと「コピー」「スローガン」「うたい文句」「標語」「キャッチフレーズ」「宣伝文句」「呪文」なんてのが類義語らしいです。スローガン・・・呪文・・・類語なんですね。


Webで人を集めるための文章術

簡潔にキャッチーに分かりやすくまとめた方がいいのか。それとも事細かに詳しく長文で説明していった方がいいのか。

結論から言うと長文でいっぱい説明していった方がすべての面で有利となります。SEOの観点からも売るためのプロセスとしても文字がたくさんあってたくさん説明されているというのは良い。ネットで人を呼び込むためのSEOとしては文字量が多ければいろんな言葉でサイトにやってきて貰えるというメリットがあります。商品名だけでなくそれに関連する言葉を散りばめることで複数語での検索対策になります。

また呼び込み後、売る場合のことを考えると一見文字ばかりのページを見て読んでいくのかって思うかもしれませんが必要としている人の側から見れば情報は少しでも多くのっている方が良いわけです。興味のない人や必要としていない人、あるいは仕事で商品ページを作っている人はパッとみて見やすいとかキレイだとかってシンプルな感覚で判断してしまいがちです。でもその人達は買う人達ではないわけです。実際に購入してくれる人をしっかりとターゲットとした場合、一番必要なのは必要だと判断してもらう情報量となります。


アイデアの出し方

アイデアは無駄の中から出る

アイデアが出てこなくて煮詰まったときにやってみると閃くきっかけになるいくつかの方法があります。良いアイデアを出すにはとにかく数をだすことが大事です。

まず大事なのは妄想力です。この力を上げることが使えるアイデアがでてくることに結びつきます。とにかく浮かんだものはどんどんストックしていくことです。バカみたいなものも絶対ダメだろうということも一つのアイデアです。自分の中に押しとどめておかずに思いついたものは外に出してみることです。恥ずかしがっていたらアイデアはでてきません。

紙に描くこと

字を書く、絵を描く、どんな形でもいいですが目に見える形にしてみることで新しい発想が生まれたり思っていたことが整理出来たりします。

連想ゲーム

ひとつ何かが浮かんだらそこから見方をかえたり似たような考えを繋げて発想を広げていくとアイデアの数が増やせます。

普段と違うことをやってみる

普段歩いている道と違うところを歩いてみる、利き手と違う手を使ってみる、名字で呼んでいた人を名前で呼んでみる、などなど変な気持ちになるかもしれませんがやってみると新鮮な気持ちになって違う世界が見えてきます。あえて逆のことを考えみても面白い結果がでてきます。

ぽいっとキャッチコピー制作

キャッチコピーの制作支援サイトです。アイデアに困ったらキャッチコピー制作装置に宣伝したいキーワードを入れてみましょう。ことばの実験室としてお使い下さい。

ことばの実験室【無料】

キャッチコピー制作装置
キャッチコピーのサンプルを大量
作成します

アピールしたいキーワードを入力↓

作り出されるキャッチコピーは言葉の楽しさを教えてくれます。繋げられたたくさんの言葉の組み合わせはアイデアを出すヒントを与えてくれます。フレーズで悩んだときには一度使ってみてください。また、一緒に提示されるおもしろキャッチコピーが制作の悩みを吹き飛ばし一息つかせてくれます。


キャッチコピーの効果

もう悩まない!キャッチコピーの考え方

販促の為の季節のイベントコピー集

言葉の響きを楽しむキャッチコピー集

超簡単カラーチャート

目にいい栄養を!キャッチコピーのアイデアの源は見えるものから

トップページ


AD